AGA治療にオススメのフィンペシア

年齢を重ねることによってび頭頂部(俗に言うO型ハゲ)や、額周辺の生え際(俗に言うM字ハゲ)から次第に抜け毛が進行していきます。

 

薄毛が目立ってくるようになる「男性型脱毛症」の主となる原因として、ジヒドロテストステロンと呼ばれるDHTの強力な男性ホルモンの一つが、大きく関係していると研究によりわかっています。

 

このジヒドロテストステロンというのは、男性ホルモンの一種である「テストステロン」、そして頭部の毛乳頭に含まれる物質の「5α‐リダクターゼ(酵素)」が結合し生成されると言われています。

 

フィナステリドにおいては、この5α‐リダクターゼが働くのを抑制させる効果があるとのことです。

 

このことから、ジヒドロテストステロンの生成に必要となる5α‐リダクターゼがフィンペシアに配合されているフィナステリドの働きにより阻害され、その結果抜け毛(異常脱毛)が停止すると一説には考えられているのです。

 

ただし、フィンペシアのような薬を服用し、体内に直接的に取り込んでいくタイプの育毛剤・発毛剤というのは、副作用を発症させるリスクや、その有効性に疑問が少々生じると主張する専門家も世界には存在していることを忘れてはいけません。


ホーム RSS購読 サイトマップ